繊維製品の輸入から倉庫管理、風呂敷やTシャツプリントの加工及び販売を行っています。

株式会社大阪サブマネージメントセンター

コンテンツ

南海電鉄コラボグッズを販売する電鉄プラス

取扱商品紹介

お包み研究所

包み方レシピも公開中!Staffブログ

当社のオーダーメイド

大阪サブマネージメントセンターに関するお問合せご質問など、お電話はこちらからどうぞ。

TEL:0725-21-7820(代表)
FAX:0725-33-7101
大阪サブマネージメントセンターのお問合せフォームはこちら
株式会社大阪サブマネージメントセンター
〒595-0044
大阪府泉大津市河原町3-35

風呂敷の包み方

TOP >お包み研究所TOP >風呂敷の包み方 >リボン包み

リボン包み

平らな形のものを包みアクセントをつける
平たい箱をスマートに結ぶ包み方です。可愛らしい結び目のリボンを右上にバランスよく配置させます。

手順1

手順1
ふろしきのうらを上にして広げ、品物をc・d辺の1/2、かつ品物の右上角(図E)の位置に、ふろしきがゆったり(約5cm)かぶさることを確認し位置を決めます。
次にa側に品物を1回転させます。(品物の底が上になります)

手順2

手順2
aを品物にかぶせ布が余る場合はaの先端を品物の下に折り込みます。

手順3

手順3
左のbを品物の上にかぶせます。品物を矢印の方向(c側)に回転させます。
(品物の底が下になります)

手順4

手順4
品物を回転させたら、c・dの辺の中心eを持ち上げます。

手順5

手順5
eを品物の右上角に(手順1 E)にかぶせます。
ポイント:
もしEの位置に布がかぶらない場合は品物の位置がずれていると考えられますから位置の調節が必要です。

手順6

手順6
品物の形に布をそわせながらcとdそれぞれの根元を握ります。

手順7

手順7
品物の右上角でcとdを真結びしたら完成です。
ポイント:
真結びする前にふたつの布端をしっかり品物の側面にそわせます。
リボン包みの完成写真
リボン包みの完成写真

ふろしきの包み方一覧

Copyright(C) Osaka Sub Management Center Co.,Ltd. All rights reserved.