2013年11月アーカイブ

年中行事・節句(七五三)について・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは、11月に入りだいぶ秋らしくなってきましたね!!

山々は少しずつ紅葉してきています。

関西地方は、11月の中ごろが紅葉の見ごろだそうです。

私も、お休みには紅葉狩りに行ってこようと思っています。

 

さて、今回は年中行事の一つでもある、七五三について調べてみました。

七五三は、11月15日。

sitigosan1.jpg

数え年で、男の子は5歳、女の子は3歳と7歳に、晴れ着を着て神社に参拝して無事に成長したことを感謝し、

これから将来の幸福と長寿をお祈りする行事です。

3歳の髪置き(かみおきの祝い、5歳の袴着(はかまぎ)の祝い、7歳の帯解き(おびとき)の祝いの儀式が由来となっています。

どうして、11月15日に祝うことになったのでしょう・・・

11月15日が二十八宿の鬼宿日(きしゅくにち)にあたり、婚礼以外は何事の祝い事にも吉とされていたからです。

また、旧暦の11月は秋の実りを神に感謝する月でしたので、その月の満月にあたる15日に、

氏神に収穫の感謝するとともに子供の成長の感謝・祈願をしたものと思われます。

 

【正式な装いは】

男の子は、紋付の羽織に袴を着ます。

3歳の女の子は、肩揚げをした着物に帯を結ばず、被布(ひふ)というベストのような羽織を着ます。

7歳の女の子は、肩揚げ、おはしょりや腰あげをした友禅模様の絵羽つけや総柄の友禅模様の着物に丸帯を結びます。

 

☆最近では、レンタルされる方が多いですが、洋服でも構わないと思います。

【髪置き(かみおき)の祝い】

sitikosan3sai.jpg

平安時代は、3歳までは頭をそり、3歳の誕生日になって初めて髪を伸ばす風習がありました。

もう赤ん坊ではないという意味で、これを「髪置き」と呼んでいたそうです。

髪置きは、綿白髪をかぶせ頂に白粉をつけ、くしで左右にすいて祝う行事です。

 

【袴着(はかまぎ)の祝い】

sitikosan5sai.jpg

5歳になった男の子は、その年の11月15日に初めて袴をはき、基盤の上で吉方を向いて立たせるという祝いの行事です。

 

【帯解き(おびとき)の祝い】

sitikosan7sai.jpg

女の子は7歳になると、それまでの紐付きの着物に変わって、本裁ちの着物を着て丸帯を締めました。

この行いを、紐解き・帯解きなどといったそうです。

この日からは一人で帯を結べるようになり、一人前の人間として社会に認められるけじめの儀式だったそうです。

 

最後に忘れてはいけないもの!!

【千歳飴】

titoseame.jpg

江戸時代に浅草の飴売りが、長生きするようにと縁起をかついで「千歳飴」と名付けたのが始まりといわれているそうです。

必ずと言って良いほど、お子さんの手には、「千歳飴」を持っていますよね!!

私の子供の頃の写真を見ても、手に持っていました。

 

さぁ~七五三の由来は、わかりましたがどのように過ごせは、良いのでしょうか?!

・晴れ着を着て神社に行き、御祈祷していただきます。*お参りするだけでも良いそうです。

・家族で写真撮影をしておくのも記念に残ってよいですよね。

・お祝いの席を設ける場合は、両家の祖父母などをご招待するのもよいですね。

 

☆最近では、前もって写真撮影を済ませておく方が増えているようですが、

記念撮影が目的ではなく、子供が無事成長したことを氏神様に感謝する日であるので、必ずお参りをしましょう。

 

 

このアーカイブについて

このページには、2013年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年10月です。

次のアーカイブは2014年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。