2012年7月アーカイブ

信楽焼のたぬきについて!!

| コメント(0) | トラックバック(0)

いよいよロンドンオリンピックがはじまりました~

 

メディアでは、日本が何個メダルを取るか なんて予想していますが、4年に一度の開催だから、各選手の努力が実ればいいなぁと心から思います。

 

このオリンピックのために、さまざまな努力をされてこられた選手が、晴れ舞台に立つとき、お守りとかを身につけたり、縁起を担いだりする方もいると思います。

 

そこで今回は、「信楽(しがらき)焼のたぬき」をご紹介します。

 

 でも、(なぜ たぬきなの?)と思うでしょうね。

 

 「たぬき」は「他を抜く」という意味があるのですよ。  

  がんばれ日本!!選手の皆さん頑張ってください!

 

 

 では、信楽焼のたぬきをご紹介します。

  

shigarakiyakitanuki.gif

たぬきの置物見たことあるでしょう? 結構ユニークな置物ですものね。

 

その「たぬき」に込められた八つの縁起かつぎの意味をご紹介しましょう。

 

shigarakiyakitanuki1.gif

「笠」  準備・・・・・思わざる悪事・災難をさけるため、

            用心深く身を守る

shigarakiyakitanuki5.gif

「目」  正しく見る・・何ごとも前後左右に気を配り、

            もの事を正しく見つめる

 

「顔」  笑顔・・・・・世に広く、愛想よく

 

徳利(とっくり)」

     人徳・・・・・恵まれし飲食のみにこと足りて、

            徳ひそかに我につく

 shigarakiyakitanuki2.gif

 

「通(かよい)」  

     信用・・・・・世渡りはまず信用が第一。

            活動通に四通八達

 

shigarakiyakitanuki3.gif

「腹」  太っ腹・・・・物事は常に落着きをもて、

            でも決断力の大胆をもて

 

「金袋」 金運・・・・・金銭の宝は自由自在なる。運用をなせ

      (置物によっては、金袋を金色にしているものもありますよ)       

 

「尾」  終わりはおおきく

        ・・・・何ごとも終わりは大きくしっかり

            身をたてること それが真の幸福

 

shigarakiyakitanuki4.gif 

 街でたぬきの置物を見つけたら、チェックしてみてください。 

「尾」は、大きくりっぱなものです。

 

 

 

 たぬきを置いているお店って結構あるのですよ。探してみてはどうですか?

 御客様がいっぱい来て下さるように・・という思いを込めているのでしょうか。 

 

 

信楽(しがらき)ってどこ? 滋賀県です。

信楽町観光協会  

 

 信楽高原鉄道に乗ってみてください。緑豊かな景色を楽しめるでしょう。のどかでいいところです。

 

shigarakikougentetudou.gif・貴生川(水口町)から信楽間を結ぶ延長14.7キロメートルの鉄道。

 緑深い信楽高原の急勾配を走り、車窓からは四季折々の草花を

 楽しむことができます。

このアーカイブについて

このページには、2012年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年6月です。

次のアーカイブは2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。