2012年5月アーカイブ

端午の節句の「端午」って?

| コメント(0) | トラックバック(0)

「端午の節句」は、5月5日(子供の日)となっていますが、そもそも「端午の節句」って何?と思ったので調べてみました。

初めから、5月5日だったわけではなく、月の端(はじめ)の午の日という意味で、5月のいちばんはじめの牛の日が、「端午の節句」をさしていたそうです。

 「端午の節句」の始まりは、奈良時代に遡るそうですが、もともと宮廷の行事として、ちょうど季節の変わり目の時期にあたる「端午の日」に、病気や災厄をさけるための行事をおこないました。 厄除けの儀式のため、ヨモギなどの薬草や菖蒲を用いました。

現在でも、菖蒲湯につかったり、ヨモギ餅を食べたりするのはこのようなルーツがあるからなのですね。

 時は進み、江戸時代には、武家だけでなく庶民の間でも、盛んに「端午の節句」を祝うようになりました。その頃、武家では、男の子が生まれたら、「馬印」や「のぼり」を立てる風習がありました。庶民のなかで、「のぼり」が「鯉のぼり」として考案されたそうです。

koinobori[1].gif

 「鯉のぼり」

 中国の伝説なかに「鯉」が竜門の滝をのぼり、龍となるいうお話があります。これから「登竜門」という言葉になりました。「鯉」がたくましく清流で生き抜く強い魚であることから、「男子の無事の成長と出世を願う」象徴として、「鯉のぼり」が庭先に飾られるようになりました。

 

「鯉のぼり」は、家族?

  黒鯉   おとうさん

  赤鯉   おかあさん

  青や黄色などの鯉   子供たち  

 〝吹き流し〟 や 〝矢車〟 子たちの無事な成長を願う「魔よけ」の意味があります。

 

最近は、「鯉のぼり」を見かけなくなりましたが、いろいろな意味が込められているのですね。

日本人の感性は、すばらしいとあらためて思います。

 

鯉のぼりの形をした、お菓子のパッケージをよく見かけます。 

ふろしきにも、鯉のぼり柄があるので、ご紹介します。

お子様のプレゼントにいいかもしれませんね!!

koinoboriimegi-1.jpg商品№ 0501-1

柄:こいのぼり(5月)/サイズ:約50cm/素材:綿100%/商品代:630円(税込)

koinobori.jpg

お問い合わせ.gif                     

このアーカイブについて

このページには、2012年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年2月です。

次のアーカイブは2012年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。