2011年12月アーカイブ

お正月のお飾り ③   鏡餅

| コメント(0) | トラックバック(0)

 そもそもお正月というのは、新しい年の年神さまをお迎えしお祭りして

豊作を祈る大切な行事だったそうです。

 お正月の飾りは、年神様をお迎えする目的で飾るものです。

  いよいよ最終シリーズ!鏡餅についてお伝えします。

kagamimoti.-2.gif 

 鏡餅は年神様へのお供えとしたお餅のことで、一年間の無事を感謝し

  神様にお供えしたお餅を皆で頂くと力が与えられるとされてきました。

   なぜ、鏡餅というのでしょうか?鏡は、古来から「三種の神器」のひとつで、

  神様が宿るところとされてきました。

 丸い形が鏡ににていることから「鏡餅」というようになったとの説もあります。 

 

鏡開きは、1月11日が一般的とされていますが地域により違いがあるそうです。

鏡開きの日には、、鏡餅を「割り」、お雑煮やおしるこにして皆でいただきます。

 

 鏡餅の飾りのひとつひとつに意味があります。その意味は・・・

 メッセージ続きを読む.gif 

このアーカイブについて

このページには、2011年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年11月です。

次のアーカイブは2012年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。