ふろしき包みの講習会の最近のブログ記事

ふろしき包み方講習会

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは、毎日寒い日が続きますが、皆様風邪などひかれていませんか?

巷では、インフルエンザが流行していると聞きます。皆様お気を付けくださいねぇ・・・

私共スタッフは、皆元気に頑張っております。

さて、先週の水曜日につぼ市製茶本舗様のお店「茶寮」にて、お店のスタッフの方にふろしきの包み方講習会を行って参りました。

講習会の準備や時間までにお店の中を撮らせて頂きました。

tubuichitenpo1.jpg

 tubuichitenpo2.jpg

tubuichitenpo3.jpg 大阪・堺の町家を利用された店内は、とてもシックでそしてお茶の香りがして穏やかな気持ちにさせてくれました。

時間になりましたので、講習会のスタートです。

お店の商品で、包み方が難しいサイズの箱を用意していただき、その箱を利用して、包んでいくことに。

使うふろしきは、約68cmのちりめん風の風呂敷です。

tubuichitenpo5.jpg

 

tubuichitenpo7.jpg

弊社のスタッフから習ってから。。。

tubuichitenpo10.jpg

お店のスタッフの方がお包みの挑戦です。使う風呂敷は、約70cmの綿素材のものです。

tubuichitenpo12.jpg

tubuichitenpo13.jpg

風合いが違いますが、ちりめん風と同じように包むことが出来ました。この後、リボン包み。二つ包みと包み終え課題だったお箱も無理なく包むことが出来ました。

続いて、ふろしきバッグに取り掛かります。

tubuichitenpo14.jpg

和やかな雰囲気のもとバッグ作りのスタートです。

tubuichitenpo15.jpgtubuichitenpo16.jpg 綺麗にふろしきバッグが出来ました。

約68cmの風呂敷でも、小さめで可愛くバッグにすることが出来、スタッフの方も楽しんでいらっしゃいました。

メインのお箱のお包みから、ふろしきバッグまで進めていき、講習会の終了です。

 

つぼ市製茶本舗様「茶寮」のお店のご案内はこちらへ。。。

 

今回講習会をご依頼頂きました、つぼ市製茶本舗茶寮の皆様ありがとうございました。

お包み研究所スタッフ一同よりふろしきの包み方・活用法を勉強しお伝えしたいと思っております。

 また、ふろしき包みの講習会など、随時承ります。お気軽にご相談ください。

E-mail: info@osaka-smc.co.jp

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちふろしき包みの講習会カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはふろしきバッグです。

次のカテゴリはふろしき展示会です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。