観光の最近のブログ記事

南大阪「お包み研究所」にある招き猫の手ぬぐい

| コメント(0) | トラックバック(0)

otutumirogo080818.jpg

 

 

 

 

 

ラッキーゴッド・招き猫のお話。店先に置いている招き猫見たことがありますよね。招き猫は、だるまと並ぶ縁起物の一つとして、昔からご利益があるとされています。中でも招き猫はユニークな姿からラッキーゴッドとして外国人に人気上昇!ラッキカラーで彩られた招き猫を見つけました。

029.JPG

 赤い方が真田幸村をイメージした招き猫、青い方が真田信繁をイメージした招き猫です。

この招き猫は、スタッフがGWに、飛騨の里「飛騨民俗村」へ遊びに行った時に撮ってきました。

130.jpg

少し気温が高く暑かったので、コースは短めの30分コースを選んで、楽しんできました。

131.jpg

中に入ると、合掌造りの建物があちらこちらとたくさんあります。

その中の一角で、実演コーナーがいくつかあるのですが、昔ながらの道具を使って 子どもが遊べるところや、招き猫の絵付けのコーナーがありました。

招き猫について、興味のある方は、招き猫ミュージアム(日本最大の招き猫博物館)をご覧ください。

黄色:金運向上/金色:財産向上/白・銀:円満・対人運向上/赤:勝ち運・合格祈願/ピンク:恋愛運・子宝安産/青:開運・ストレス解消/緑:健康運・長寿/黒:魔除け・商売繁盛などのラッキーカラーを盛り込んだ招き猫もありました。

030.JPG

普段お店などで見る招き猫と違って、鮮やかで可愛い招き猫にスタッフは吸い込まれるように見入っていました。 

031.JPG

ざるに乗った招き猫もありました。ざるは、「福をすくい取る。」といわれ縁起物なんだそうです。

20160506_184718.jpg

そのざるに乗った招き猫の中で、黒色の右手を上げた招き猫をお包み研究所のお店に飾ろうと思い買ってきましたぁ~

大安の日に飾ると、縁起が良いので、5月20日にお店に飾ろうと思っています。
 

お包み研究所では、縁起物の風呂敷や手ぬぐいを取り揃えております。
オンラインショップはこちらへ

 

紅葉を求めて、奈良へ行ってきましたぁ~

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは、11月に入り秋らしくなってきましたねぇ~

私ごとですが・・・先週の土曜日に紅葉を求めて奈良へ行ってきましたぁ~

本当は、奈良公園に行きたかったのですが、やっぱり行楽地なので、観光の方々が多く駐車場も満車ばかり・・・

なので、少し足を伸ばし奈良奥山ドライブウェイの新若草山コースをドライブして、若草山山頂から、奈良市内を見に行きました。

若草山山頂のパーキングに到着すると!!

DSC07413.JPG

2組の鹿の親子に出会いました。この季節は、子育ての時期なのか多少気性が荒かったですね・・・

いつもの様に、愛犬を車から降ろして、山頂の広場までお散歩スタートです。

広場に着くと、沢山の観光の方がお弁当を広げながら、景色を見てはりました。

DSC07419.JPG

紅葉には、少し早かったのかもしれませんが、山頂広場からこのように見れます。

DSC07420.JPG

下の方には、遊歩道もありました。若草山って、下から見るとそんなに高い山だとは、思いませんでしたが、上から見ると、奈良市内を眺望できる高い山でした。

DSC07431.JPG

すすきがそよ風にゆらゆらとして、山の麓を覗き込む風景が、なんだか穏やかな気持ちにさせてくれました。

私たちが風景を楽しんでいても、動くものに素早く反応する愛犬たち・・・鹿が動けば、愛犬も動く・・・吠える・・・

他に犬を連れているのを見つけては、大興奮する・・・私たちは、落ち着いて景色を見ることもできないので、

山を下りることにしました。

DSC07443.JPG

愛犬たちは、まだまだ鹿さんと遊びたかったみたいで。。。一点を見つめています。鹿さんバイバイですぅ・・・

DSC07445.JPG

親子の鹿さんとお別れして、来た道を下ります。

途中で、大仏殿ビューと言うスポットがあるので・・・

DSC07449.JPG

車を一旦停止してもらい、紅葉と大仏殿・遠くに五十の塔、少しモヤってますが奈良市内を撮ってみました。

我ながらベストショットと思っていますが、如何でしょうか?

 

続いて向かったのは、平城京跡です。

車で、30分ほど走らせて、着いたのが2時半過ぎでした。こちらもすごい人で。。。

なんとタイミング良く11月1日から11月9日まで、「へいあんきょう天平祭・秋」と言う花と古のフェスティバルが開催していました。

DSC07450.JPG

ちょっと撮り方を失敗してしまいましたが、こちらが「朱雀門」です。

「朱雀門」は、

平城宮の正門・朱雀門。門の前では外国使節の送迎を行ったり、大勢の人たちが集まって歌会などを行ったりし、正月には天皇がこの門まで出向き、新年のお祝いをすることがあったそうです。朱雀門の左右には、高さ5.5mの築地がめぐり、130haの広さの宮城を取り囲んでいたそうです。

DSC07466.JPG

こちらは、バッチリ撮れました。「第一次大極殿」です。

「第一次大極殿」は、

朱雀門の真北約800mに堂々とそびえる「大極殿」。正面約44m・側面約20m、地面より高さ約27m。直径70cmの朱色の柱44本、屋根瓦約9万7000名をつかぅった平城宮最大の宮殿です。その建物は奈良時代の中頃に、一時都とした恭仁(くに)宮に移築され、山城国の国分寺金堂になりました。当時、天皇の即位式や外国使節との面会など、国のもっとも重要な儀式のために使われていたそうです。

DSC07456.JPG

DSC07457.JPG

天平花絵巻と題して、綺麗なお花も飾られていました。

DSC07461.JPG

あまりにもお花が綺麗だったので、愛犬と撮ろうと思いましたが、私の声に反応してくれたのは、男の子組だけで・・・本当に多頭の集合写真は、難しいですね・・・

広い苑内をぐるっと回って、駐車場に向かいました。

踏切を渡ってトボトボ歩いていると、ちょうどその時、朱雀門で、閉門の儀が行われていました。

開いている門の扉が閉まる間を撮ってみました。

DSC07477.JPG

衛士隊の再現と題して、衛士隊の装いで、厳かに閉門の儀を行っていました。

DSC07478.JPG

向かって右から扉が閉まります。

DSC07479.JPG

そして、向かって左側の扉が閉まります。

DSC07480.JPG

最後に中央の扉がゆっくりと閉まっていきます。

DSC07481.JPG

全ての扉が閉まったとき、見てはった人々が拍手してはりました。

 

最後に、平城京歴史館の前にある

DSC07483.JPG

かっこいい船を撮ってみました。

「平城京歴史館」は、

中国大陸・朝鮮半島との交流と、そこから発展した日本の国づくり、東アジアにおける国際交流の重要性を見つめ直す契機となるエリアだそうです。

 

和を訪ねて~お伊勢参り編~

| コメント(0) | トラックバック(0)

私は、日帰りで伊勢神宮に参拝いたしました。

昨年、20年に一度の式年遷宮が行われたこともあり、たくさんの人が参拝していました。

式年遷宮ってなに?という方 私もわからなかったので調べてみました。ここにリンクを張っておきます。読んでくださいね!   

http://www.isejingu.or.jp/geku.html

 

 まず、外宮(げぐう)からお参りし、次に内宮に行きました。

行ったのは5月3日だったので、少々の渋滞は覚悟で大阪を9時に出発。

道中、自然渋滞や事故で時間がかかったところもありましたが、それは想定内

伊勢自動車道をひたすら走りました。この日は、伊勢インターは閉鎖で降りれなくて、そのまま伊勢二見鳥羽ラインに誘導されて、伊勢神宮の参拝はこちらへの看板をたよりに、ドンドン進んでいったら、光の街という新興住宅街の近くにある大駐車場に到着。そこから外宮や内宮行きシャトルバス(無料)がでていました。乗り換えて約20分ほどで外宮に到着。 

 IMG_7742-2.jpg

次に、外宮の前にあるバス停より、内宮行きバスに乗りました。このバスは、有料です。

内宮の門前町のほうが 大きいのかな、大勢の人でにぎわっていました。

 http://www.isejingu.or.jp/naiku.html

 内宮に流れる五十鈴川は、本当にきれいで豊かな自然の中にあり、心が洗われる風景でした。

樹齢何百年という木々の間を歩いていると、時折心地よい風が吹いたりして、その風になびく枝や葉がサワサワとゆれるのです。 

これが、宇治橋から見た五十鈴川の風景です。とてもきれいでしょ!

 IMG_7745-1.jpg

 

 IMG_7743.JPG

外宮、内宮の参拝が終了し、内宮前のおはらい横丁を散策。

結構歩いたので、おなかが減りました。

 いろいろなお店があり楽しかったです。

http://www.ise-kanko.jp/base_data/base_data.php?info_cd=00230

 

 

 

伊勢と言えば、松阪牛なのでステーキ頂きました。

 おいしかったでース!

 

 

おはらい町の中ほどに 赤福「本店」があります。日本の伝統的な建築物。・・・・すっと守ってほしいです!

 IMG_7750.JPG

 

 

あっという間に夕方になりましたので、シャトルバスに乗り込み、駐車場に戻ってきました。 

日帰り旅行でしたが、結構満喫しました。

また、いきた~い。

鳥取へ行ってきましたぁ~

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは、梅雨に入りじめじめとする毎日が続きますが、体調管理の難しい季節にまりました。

この時期風邪をひかれる方が多いと聞きます。皆様は、風邪などひかれていませんか?!

 

さて、5月の最終の土曜日にスタッフが住んでいる町内会のバス旅行があり、鳥取砂丘のの方へ遊びに行ってきましたぁ~

この日は、梅雨の中休みでとっても良い天気で気温も、30度近く上がりとっても暑い一日でした。

朝の8時前にバスに乗り込みいざ鳥取へ・・・

中国道→佐用JCT→鳥取道と、進み第1の目的地、智頭にある国指定重要文化財「石谷家住宅」へ行きました。

DSC05711.JPG

バスを駐車場に止め、まずは案内図を拝見!!

ishitanike.jpg

大門です。こちらから中に入ってきます。

お部屋をいくつか見学させていただきましたが、たくさん人がいたため写真は撮れませんでした。。。

 

とっても素晴らしいお庭でしたので、何枚が写真を撮らせていただきました。ishitanike1.jpg

 DSC05699.JPG

 お庭に滝があるんですよ!!びっくりしました(@_@;)

案内ガイドさんに、各部屋の説明を聞き小一時間くらいで「石谷家住宅」を後にしました。

石谷家住宅に興味がある方は、こちらをご覧ください。

バスに戻り、また、鳥取道に乗り最終目的地の鳥取砂丘へ・・・

鳥取に着き、砂丘センターで昼食です。

DSC05712.JPG

やはり山陰ですね、カニ・エビ・貝などのお料理でした。昼食を美味しく頂いてから、後は集合時間まで、自由行動でした。

まずは、砂丘センターの屋上展望から。。。

DSC05713.JPG

 砂丘の写真をパチリです。

この後、砂の美術館へ砂の彫刻を見に行きました。

今年の展示は、砂で世界旅行・ロシア編でした。

DSC05720.JPG

外に展示していた、題名(ロシアの民話・大きなかぶ)です。

美術館に入って、一番初めに見るのは、

DSC05723.JPG

題名(氷河に眠るマンモス)

DSC05724.JPG

題名(リューク~建国のヒーロー~)

DSC05726.JPG

題名(キリスト教の受容)

DSC05727.JPG

題名(豊かな民族性)

DSC05739.JPG

手前から、題名(エカテリーナⅡ世とロマノフ王朝)、中腹題名(エカテリーナ宮殿)、奥・題名(クレムリンとワシリー大聖堂)

こちらの彫刻は、ほんと素晴らしかったです!!

DSC05734.JPG

題名(ロシアイコン)イコンとは、イエス・キリストや聖人、天使、聖書の内容などを描いた絵のことを言うそうです。

DSC05737.JPG

題名(ナポレオンの撤退)

DSC05741.JPG

題名(シベリア鉄道と極東の都ウラジオストク)

などなど、全部で21作品展示されています。2015年の1月4日まで展示されているので、ご興味のある方は、行ってみてください。

迫力があり、見ごたえがありましたよ!!

 

まだ、集合時間には時間があったので、リフトに乗って砂丘の方へ行きましたぁ~

最初に書きましたけど、この日の気温は夏日30度です。砂の上は、照り返しもあり体感温度は、もっと高く砂もすごい熱かったんです。

DSC05753.JPG

らくださんだけ撮って、お土産を買いに行きましたぁ~あっ!!ちなみにらくだの記念写真は、有料なんですよ!!一緒に行ったメンバーで砂丘のの丘越えをしたのは、6歳の男の子とその子のお母さんだけで、後の人は、らくだの近辺の休憩場所で、おしゃべりをしてはりました。私もその中の一人なんですけどね!

帰りもリフトに乗って、バスの駐車場に戻り、帰路に着きましたぁ~~

とっても暑かったけど、充実したバス旅行でした。

砂の美術館に興味がある方は、こちらをご覧ください。

和を訪ねて~大阪府富田林寺内町の散策編

| コメント(0) | トラックバック(0)

5月なのに、日中は真夏のような暑さ・・・夜になるとぐんと気温が下がり体調管理が難しい季節ですね。でも、その5月も終わり6月に入り、今度は梅雨の季節に入ります。

梅雨は、湿気が多くなりジメジメと不快な日々になりますから、皆様も体調管理に気を付けてくださいねぇ~

 

さて、5月のお話なんですが、大阪府富田林市にある"寺内町(じないまち)"を散策してきました~

 

宿場町、城下町、農漁村など周囲の環境と一体をなして歴史的風致を形成している伝統的な町並みや集落を市町村が条例等により決定したものから重要伝統的建造物保存地区に"富田林寺内町"が選定されています。

ようするに富田林寺内町は、江戸時代初期の町並みが大切に保存されているということですね。

また、この町の"城之門筋"は、日本の道百選の通りなのです。

 IMG_7724.jpg

 

   

日本の昔の町並みの代表といえば、「馬篭」「妻籠」が有名ですね。このエリアは、旅の雑誌によく掲載されていますね。わたしも、行ったことあります。

富田林寺内町は、ゆっくりと散策できます。すてきなところですので、関西の皆様!

ぜひ、「日本の昔の町」の景観を楽しみながら、のんびり富田林寺内町を散策してみてください。

 

 情報は、こちらへ・・・    富田林観光協会

 

 

では、私の散策報告をいたします。

「旧杉山家住宅」・・・・重要文化財です 拝観料がいります。

 

富田林 杉山家 6.jpg   

 

 

 

 杉山家は、寺内町創立以来の旧家だそうです。

商家として栄えました。御屋敷は、たいへん広く、2階のお部屋も見学できます。

 IMG_7730.jpg

 

 障子やふすまで部屋を仕切ったり、開け放ったりできるのが日本家屋の魅力ですね。

それぞれの部屋を仕切る欄間も素晴らしいです。匠の技を感じます。

 IMG_7734.jpg

 

ここに座って、お庭を眺めながら季節の移り変わりを楽しんだりしたのかしら・・・

現代では、なかなかできない暮らしがここにあったのですね。

 

 

次に、私が立ち寄ったお店をご紹介します。

お店の詳細はこのサイトを見てください。 http://www5d.biglobe.ne.jp/~heritage/shop.html

手仕事と雑貨のお店「23番地」

和雑貨だけでなく、お洋服もありました。

ナチュラルなお店です。掘り出しものが見つかるかも・・・

 

そのお隣に、小さなパン屋さんがあります。「mame-ten-cage]

ここで買った食パン おいしかったですよ。

 

 

 ランチは、寺内町きっちん「あい」でいただきました。

IMG_7727.jpg

ランチは、4時までやっているので助かりました。いっぱい散策しておなかペコペコだったんです。

定番の煮込みハンバークがおいしい。

 

  注文してから煮込むので少し時間がかかりますが、待った甲斐はあります。ハンバーグはめちゃめちゃ柔らかく、デミソースが絶品です。ソース残さす食べちゃいました。

 

まだまだ、いっぱいお店あります。

 どのお店も、「お店やってまーす」という主張をしていないので、分かりにくいかも?

事前に情報を仕入れていくことをお勧めします。   

なお、寺内町には駐車場がありません。周辺にコインパーキングがありますが、台数が少ないのでご注意を!

 

 

 

 

 

 

 

ゴールデンウィークに芝桜専門庭園に行ってきましたぁ~

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは、日中は気温が上がり、行楽日和になりましたねぇ~~

ずいぶん日にちは立ちましたが、ゴールデンウィークに遊びに行ってきたお話をしたいと思います。

私は、どこかに出かけるとき、愛犬が一緒に行ける場所を探してお出かけします。

今年のゴールデンウィークは、家族の事情もあり遠出は、無理だったので近場で楽しんできましたぁ~

行先は、兵庫県三田市にある永沢寺の「芝桜専門庭園の花のじゅうたん」です。

DSC04731.jpg

一面紫色に染まった花のじゅうたんとっても綺麗でした。

DSC04716.jpg

建物は、茶店なんですけど、茶店の一角で芝桜の苗を育ててるんですよ!一つ一つ丁寧に育ててはりましたぁ~

そして、お花の苗も販売してました。後ミネラル豊富の地下水を2Lのペットボトル1本分頂くことも出来ます。

珈琲やお茶が、まろやかになってとってもおいしいんです。

DSC04739.jpg

黄色い水仙も綺麗に咲いていました。

DSC04749.jpg

所々に遊び心いっぱいのオブジェが設置してあるんですが、その中でもサルカニ合戦のオブジェが・・・

愛犬を乗せることが出来たので、こちらに来た記念にパチリと撮影しました。

DSC04746.jpg

園内は、スロープになっていて、お花の間近を歩くこともできるんです。5月の爽やかな風を感じながら、愛犬たちもハイテンションでした。

DSC04760.jpg

一面に咲いていた芝桜、ほぼ全体がこちらの色だったのですが、他にも白やほのかなピンク色の花もありました。

花の形も若干違うのもあり、一つ一つじっくり見ていくと、結構時間をかけて見て回ることが出来ました。

DSC04761.jpg

水仙も一つ一つが大きくて、額の部分が何重にも重なりとっても綺麗でした。

今回行った芝桜専門庭園は、わんちゃんOKでスタッフの皆様が、とってもかわいがってくださります。

なので、この日もたくさんのわんちゃんが、庭園の中を楽しんでお散歩していました。

庭園近くの施設は、お寺が多いのですが、お散歩くらいならOKなので、愛犬をお連れの方には、おすすめの観光地です。

 

芝桜は、5月の中旬に終わってしまいますが、近隣には牡丹園や菖蒲園などがあります。

お近くの方は、良かったら行ってみてくださいませ。

 

春を求めて・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは、3月に入り一雨ごとに少しずつ暖かくなってきましたねぇ~

時折り寒い日もあるので、厚手のコートをなかなかしまうことができないですぅ・・・

さて、今回は私事ですが、お休みの良いお天気の日に、春を求めて"大阪城公園の梅林"へ、行ってきましたぁ~

"大阪城公園"は、ペットOKなので、お散歩がてらの梅見ですぅ。。。

DSC03844.JPG

少し高台から撮った梅林です。色とりどりの梅が満開でしたぁ~

003.jpg

こちらの梅もほのかなピンク色でとっても綺麗でした◎

DSC03833.JPG

こちらは、濃いピンクの梅です。枝ぶりが変わってました。

DSC03838.JPG

しだれ桜って、言うのは知っていましたが、しだれ梅って言うのもあるんですね!こちらも綺麗でしたよ◎

DSC03839.JPG

大阪城の天守閣が梅林を見守っている感じだったので、ちょっと写真を撮ってみましたぁ~

梅林には、たくさんの観光客や梅見物の方がいらっしゃいました。

特に感じたのが、外国の方が多かったです。

DSC03840.JPG

ほんと人が多かったので、愛犬の4匹連れいている私は、2匹だけカートに乗せて、梅を見ていたら外国の人たちが、珍しいのか写真を撮りまくっていましたぁ~その時の声掛けが、カメラを手にして、指をさしOKって、言う感じでした。人には慣れているわんこ達は、お澄ましをしてモデル犬に徹していました。

撮られていた写真は、どうなっているのでしょうねぇ?!

梅林を後にして、お城の方へ行ってきましたぁ~

DSC03854.JPG

お城の中は、資料館になっているので、ペットはNGなのでお城の周りを散策しました。

行った日は、お天気がとっても良く気温も高めだったので、一汗かきながらのお散歩でしたぁ~

ガレージに戻ると、観光バスの多さにビックリです!関西に住んでいると、ここ"大阪城"が観光地と、言うことを忘れていました・・・

また、遊びに来たいなぁ~っと、思いながら帰宅しました。

愛犬たちは、広い場所をたくさん歩き、たくさんのわんちゃんたちとご挨拶をし、たくさんの人に触れられ、疲れたのか、自宅に戻ると爆睡していました。

大阪城公園についてご興味のある方は、こちらをご覧ください

 

和歌山電鉄のたま電車に乗ってきました~

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、和歌山電鉄が運行する『たま』電車に乗ってきました。

まず、『たま』電車とは? 同電鉄貴志川線の終点駅「貴志」に、『たま』という猫の駅長がいます。

527.JPG

『たま』をモデルにペイントした電車が、とってもかわいいのです。

なんと車両の外装や内装にも、『たま』のイラストが描かれており、車内は、ネコの形の椅子や、車内灯もネコ姿なのです。

乗っているだけで、楽しくなります。

   537.JPG

 JR和歌山駅~貴志駅まで、乗車時間は、約20分くらいかな? のどかな風景を眺めながら、たま電車でプチ旅行。

終点の貴志駅についたら、駅のたまカフェでお茶もできます。

コーヒーのオーダーしたのですが、紙コップに『たま』のかわいいイラストが描かれています。あまりにかわいいので、捨てずにおうちに持ってかえりました。

 

駅舎は『たま、の顔をイメージしたつくりです。   

こんな感じです。

 540.JPG

 

 貴志駅は、たま づくしです。

お得な一日乗り放題切符を購入して、たま電車以外の イチゴ電車やおもちゃ電車に乗車しても楽しいですよ。

ご興味のある方は、こちらをご覧ください。和歌山電鉄

 

 

 

 

紅葉狩りに行ってきましたぁ~

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは、もう早12月に入りましたねぇ・・・

気温も下がり寒い日が、続く今日この頃、皆様は風邪などひかれていませんですか?!

私どもお包み研究所がある関西(大阪)では、やっと紅葉が楽しめる季節になりました。

私事ですが先日の日曜日に、兵庫県龍野市にある「龍野公園」へ愛犬を連れて紅葉狩りに行ってきました。

tatunokouen6.jpg

 

「龍野公園」はとっても広く、犬が入れない場所もありましたが、車を止めたところは、広いグランドがあり、そのグランドから見た山は、木々が紅葉して、とっても綺麗でした。

tatunokouen8.jpg

入口のもみじに引き込まれるように入った小径は、"童謡の小径"です。

 

tatunokouen7.jpg

紅葉しない木々の間に真っ赤になった木がなんとも言えないくらい綺麗でした。でもアップダウンが結構きついコースだったので、フーフー言いながら登って行きましたぁ。。。

tatunokouen2.jpg

なんと言う木かわからないんですけど、太陽の日が当たってすごく真っ赤になっていました。

tatunokouen3.jpg

でも、やっぱり紅葉が一番綺麗ですよね!!まだ、真っ赤ではなかったんですけどね。

tatunokouen10.jpg

 

こちらのもみじは、綺麗に紅葉していましたね!!

 

tatunokouen1.jpg

今回、一眼レフの望遠レンズを初めて使って山を撮ってみましたぁ~いかがでしょうか・・・

tatunokouen4.jpg

 少し丘を上がった所で、愛犬ともみじで記念写真を撮ってみましたぁ~なかなかカメラ目線してくれないので、撮るのに時間がかかってしまいました・・・

tatunokouen9.jpg

ちょっと休憩しようとお茶屋さんに来たら、ここにも綺麗なもみじが・・・ここは、真っ赤でした。

 

「龍野公園」の中に、紅葉谷・聚遠亭・龍野神社など名所がたくさんあります。ちょっとした動物園もありました。

悲しいことに、ペットは入れなかったのいで、手前のほうで、見たのですが、それはもう綺麗なお庭でした。

もしご興味がありましたらこちらをご覧ください。  ⇒ 「龍野公園」

 

水木しげるロードに行ってきました。

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは、台風が来るたびに秋らしく涼しくなってきましたねぇ~

でも、今年の台風はあちこちに爪痕を残し被害に遭われている方が多いのは悲しい現実です。。。

一刻も早く復旧されることをお祈りしております。

 

さて、先週の連休の一日に、日帰りで鳥取県の境港市にある、水木しげるロードに遊びに行ってきました。

愛犬を連れて行ったので、ほとんどお店に入ることは出来ず、ずーっとブロンズ像を見て歩き、ベンチに座って休憩という感じでしたけど、それなりに楽しかったです。

JR鬼太郎駅の看板です。

333.jpg

JRの駅前に水木しげるさんが執筆されているのを、鬼太郎とねずみ男が眺めている風景の像がありました。

20081103_500719[1].jpg

 橋のところにある鬼太郎と目玉おやじのとろこで・・・

023.jpg

愛犬の純くんと真央ちゃんカートに乗って記念写真です。

025.jpg

 美姫ちゃんは、鬼太郎さんのお腹に失礼して、記念写真を撮りました。

1000.jpg

こちらは、妖怪神社です。

555.jpg

お清めの手洗いは、目玉おやじでした。目玉がくるくる回ってましたよ!

2111.jpgねずみ男とも記念写真!!

2113.jpg大祐くんは、目玉おやじと記念写真撮りましたぁ~ちなみに家の愛犬は、シーズーです。比べると目玉おやじは、小さいブロンズ像でした。

こんなねずみ男もありましたよ!

2222.jpg横になったねずみ男です。イメージありますよね!!

027.jpg小さい塗り壁もありました。もっと大きいのをイメージしていましたが、とってもちっちゃかったです。

022.jpg変わりどころでは、やまびこもありました。鬼太郎の物語で出ていたのかな?!

p4[1].jpg一反もめんもありましたよ!!

水木しげるロードを歩き続けると、水木しげる記念館がありました。愛犬を連れているので、中には入れませんでしたが、

777.jpg生まれたばかりの鬼太郎が目玉おやじを慕っていく姿の像がありました。暗くなってからの写真だったので、なんか切なくなってきました。 

もっと時間があったら、色々まわるところがあったのですが、現地に着いたのが、5時過ぎだったので、ほんの一周しか回れませんでした。また、ゆっくりと観光に行きたいと思います。

興味のある方は、こちらを覗いてみて下さい。水木しげるロード

 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち観光カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは衣替えです。

次のカテゴリは遊びです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。