ドライブの最近のブログ記事

春を求めて・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)

春が来る~

春の訪れの代表は、    ですね

梅・・・和歌山・・・・紀州産・・・南高梅・・・・ とわたしは連想します。

毎年、和歌山の梅林を見に行くのが、我が家の恒例行事です。

阪和自動車道のみなべICを降りたところから,ほのかな梅の香がしていました。

さすが、梅の産地!山も峠も梅の花で真っ白になり、その香りはあたり一面にたちこめます。感激でした!

 

今年は、2月の下旬に「みなべ梅林」 と 「田辺梅林」 を見にいってきました。

では、まず、

みなべ地区の梅林から ご紹介しましょう!

南部川に沿って広がるなだらかな山の斜面に見渡す限りの梅林が続いています。『一目百万、香り十里』と称される程、名実ともに日本一を誇る南部梅林です。白く優しい色見が山一面を彩る風景をご覧ください

ことしは近年にないすばらしい風景だそうです!

bairun2.jpg 

 

 

こちらは、紀州石神田辺梅林

bairun1.jpg田辺梅林(石神梅林)は、梅の産地・田辺市の梅林です。標高の高い山地にある梅林で景色も良く、特に標高400メートルの「大蛇峰展望台(おおじゃみねてんぼうだい)」からは、水平線を遠景にすり鉢状に白く広がる梅畑を眺めることができます。

 

みなべ~田辺へと ドライブしながら、 大阪へと 帰る途中に見つけた

梅のお店・・・"紀州石神邑"  をご紹介します。

 

石神の里・・・で知られる 石神梅林は、結構山の中にあるのですが、そこで、梅を販売している素敵なお店に立ち寄りました。

 

ishigamimuramise.jpg  梅は、もちろんのこと、梅酒もありました。 ワイン感覚でいただけるような 洒落た瓶で、思わずお土産に買って帰りました。 モンドセレクション受賞の 梅酒もありましたよ。 

 ishigamimuramise2.jpgお店の雰囲気は こんな感じです。

ishigamimuramise3.jpg 

石神の里とは?
紀州・田辺市は梅の名産地として知られており、至るところに梅畑があります。その田辺市のもっとも山奥にあるのが、石神の里。標高400メートルの「大蛇峰」をはじめとする高い山々に囲まれたこの地には、平地は殆どなく、畑といえば山の急斜面を切り開いた山畑ばかりで、梅以外に適正作物は無く、昔から村人は梅に頼って生活するしかありませんでした、ここ石神の里は、村人が日用品の買出しに町まで出掛けるのに、曲がりくねった道路を車で片道30分も走らねばならない不便なところです。そんな不便な山奥から、なぜ村人たちは出て行かないのか?それは、こよなく郷土を愛して来たからです。そして長年、この地で梅作りを通じて苦楽を共にしてきた仲間がいるからです。村人たちは、この奥地で梅づくりを通じて助け合い、成長してきました。石神の里は日本一、梅の恩恵を受けている土地です。

秋の風景を探して!!

| コメント(0) | トラックバック(0)

今回は、ススキを見に 和歌山県の生石(おいし)高原に行ってきました。 

oishikougen.jpg

生石高原は、関西百名山生石ヶ峰(870M)を中心にススキのじゅうたんをしきつめた高原です。紀美野町小川宮からのハイキングコース(登り約25時間)が健康作りに最適と関西各地からも来られているようです。

生石高原については、下記のURLをポチッとしてみてください。

http//www.kimino.jp/oishi/

 

oishikougen3.jpg 

現地は、一面ススキだらけ・・でした。うすいベージュ色の穂が風にゆらゆらゆれていました。高原の駐車場からは 平坦で歩きやすいハイキングコースになっていますから、 あまり歩くのが得意でない人でも 大丈夫!

 

 

 

 

oishikougen2.jpg

レジャーシートをもっていけば、そこでゆっくり景色を眺めることもできるし、

お弁当を持って来ている人もたくさんいましたよ! 

 

oishikougen4.jpg

ススキは、高さ1~2m。夏から秋にかけて茎の先端に長さ20~30cm程度の十数本に分かれた花穂をつけます。花穂は赤っぽい色をしているが、種子(正しくは穎果・えいか)には白い毛が生えて、穂全体が白っぽく見えるのです。

だから、穂がたくさん集まると、やさしい感じになるのですね!!

 

ススキの柄では無いですが、ススキの色のイメージでこの様な柄を選んでみました。ご紹介しますね!!

 

商品番号1113-01

柄:絆/サイズ:約90cm/素材:綿100%/商品代:2,625円(税込) 

 

kizuna.jpg

商品番号1113-02

柄:希望/サイズ:約90cm/素材:綿100%/商品代:2,625円(税込) 

kibou.jpg

商品番号1113-03

柄:翔/サイズ:約48cm/素材:綿100%/商品代:840円(税込) 

 syou.jpg

商品番号1113-04

柄:絆/サイズ:約48cm/素材:綿100%/商品代:840円(税込)

kizuna.jpg

今回ご紹介しましたふろしきは、2012年NHK大河ドラマ「平清盛」の題字を担当された

書道家の金澤翔子さんの作品をふろしきにしたものです。

ふろしきとして、品物を包むのはもちろんのこと、インテリアとしてタペストリーにしても

いいかもしれませんね!!

お問い合わせ.gif

秋の行楽!奈良に行ってきましたぁ・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは、一雨降るたびにぐぅ~んと寒くなりましたねぇ・・・

みなさんは、風邪などひかれてませんか?!

先週のブログでご紹介した棚田と場所は違いますが1ヶ月たつと草木の色がより秋らしくなってきました。

今回は、奈良県の稲渕の棚田です。

naratanada1.jpg

棚田の風景は!!

naratanada3.jpg

稲刈りをした後の、「はさがけ」をしていたようですねぇ。。。

はさがけ」とは、木材などを組んでつくった「はさ」に、刈り取った稲を束ねてかけ、天日で乾燥させることです。

naratanada2.jpg

棚田のそばには、まだ彼岸花が咲いていました。綺麗ですねぇ~この花を見ると秋だなぁと思います。

がらっと風景は変わりますが、世界遺産「春日山原始林」の中をゆく"奈良奥山ドライブウェイ"の秋の風景もご紹介しておきます。奈良奥山ドライブウェイには、3つのコースがあります。

①新若草山コース ②奈良奥山コース ③高円山コースです。今回は全てのコースをドライブしました。naratoudaizi.jpg

 こちらは、新若草山コースの大仏殿ビューポイントから見た東大寺です。少し紅葉もしていて、なんか神秘的ですね!!

 

susukitosika.jpg奈良公園の鹿ですねぇ!ススキも風にそよそよしていて、鹿さんも気持ちよさそうですね♪ 

ススキと言えばこういう風呂敷があります。

商品番号1030-01

柄:月見うさぎ/色:黒/サイズ:約50cm/素材:綿100%/商品代:630円(税込)

shishikiotukimi2.jpg

 商品番号:1030-02

柄:お月見/サイズ:約50cm/素材:綿100%/商品代630円(税込)

shishikiotukimi.jpg

 商品番号:1030-03

柄:お月見うさぎ/サイズ:約50cm/素材:綿100%/商品代:630円(税込)

shishikiotukimi3.jpg

ススキは、お月様とうさぎをモチーフにしたふろしきが多いです。和柄のものやポップな柄もあります。品物を包むのは勿論のこと、インテリアとして、タペストリーにしてもいいですね!!

話は、又ドライブに戻りますね!!

春日山原始林の中を行くと!!こんなに綺麗な滝があります。

uguisunotaki.jpg こちらは、コースの途中にある"鴬の滝"です。この滝は、佐保川(沙本)の源流になるそうです。

 もっと紅葉が進んできたら、風景も違って見えるんでしょうねぇ・・・

お休みで良い天気のときには、少し足を伸ばして遊びに行ってみたいなぁ~と思います。

滝をモチーフにした、ふろしきもあるんですよ!

商品番号:1030-04

柄:鯉の滝登り/サイズ:約50cm/素材:綿100%/商品代:630円(税込)

kinotakinobori1.jpg

 商品番号:1030-05

柄:鯉の滝登り/サイズ:約118cm/素材:綿100%/商品代:2,625円(税込)

kinotakinobori2.jpg

こちらの柄は、開運ふろしきの種類になります。

鯉の滝登りには、古来中国より黄河上流にある大変な激流(竜門)を登りきった鯉は、

天に昇り龍になることが出来るという伝説があります。

立身出世や商売繁盛や家内安全を司ると言われ、鯉は大変縁起が良い出世魚とされてきました。

また、仲むつまじく寄り添う夫婦鯉の姿は、子孫繁栄を通じ貴家の末々までの安泰を願う様子を表わしているそうです。

こちらのふろしきも品物を包むだけでなく、お部屋のインテリアとして、タペストリーとしてもいいと思います。

 お問い合わせ.gif

秋の棚田風景①

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日のお休みに岡山までドライブにいきましたぁ~

 

たまごかけごはんで有名な「食堂かめっち」で遅い昼食をとりました。

TVで紹介されて有名だから、とてもたくさんの人々が順番を待っていました。

噂のたまごかけごはんは、おいしかったです。定食300円というリーズナブルさと、お変わり自由のダイナミックさが加わり満足のいくものでした。 ぜひ "たまごかけごはんの店 食堂かめっち"で検索してみてください。

 おなかもいっぱいになったところで、次に向かったのが、ここから約18キロほど行ったところにある日本の棚田百選の一つ 「大垪和(おおはが)西棚田」です。

 

okayamatanada1.jpg 着いたのが、夕方4時過ぎなのですが、棚田に太陽の光と影が映り、とてもきれいでした。棚田の重なる曲線と、緑の濃淡が絶妙で、自然の景観の見事さに感激しました。今は、稲刈りが終わったところで、力強い緑一面の景色だけど、季節ごとに表情が変わっていく様を想像すると、四季毎の棚田に訪れてみたいと思います。

 大阪から約3時間で、こんなきれいで、静かなところがあるなんて・・驚きです。

 場所は、 http://www.town.misaki.okayama.jp/index.htm  の美咲町役場で確認してみてください。

 

[大垪和西棚田の紹介]

岡山県の中北部、久米郡美咲町の標高400mの山間地に、大きな谷全体にぐるり360度、すり鉢状に42.2ha850枚の棚田が広がっています。棚田の織りなす縞模様が独特の曲線をもって描き出す景観は見事で、また四季折々に変化する様も美しく、日本の棚田百選にも選ばれています

 

okayamatanada2.jpg 

 豆知識!  棚田って?

棚田は先人が山や谷を切り開き、石垣を積み上げ傾斜地に作られた田んぼで、先人たちの知恵と苦労の結晶であるといえます。国土保全、環境保全と同時に階段状に大小さまざまな形の水田が集まる千枚田の美しい景観は日本の原風景です。この美しい景観をいつまでも守って欲しいものです。

お花見にいってきました。

| コメント(0) | トラックバック(0)

京都の嵐山に出掛けました。

今年は寒さが結構続いたので、さくら満開は遅かったように思います。

嵐山・高雄パークウェイの嵐山・清滝口ゲートに入る手前の道は、満開になった桜の下をくぐるなんとも素敵な光景でした。

arasiyama1.jpg

ゲートを通ってしばらく行くと、これまた素晴らしい! きてよかったと思いました。

arasiyama2.jpg

この近くは、念仏寺とかあり結構観光スポットなのが、今年は観光客が少なく、ゆっくり車窓からお花見ができました。

嵐山・高雄パークウェイのドライブのあと、嵯峨釈迦堂(清涼寺)近くにある有名なお豆腐やさん「森嘉」へ・・・

ここのお豆腐は絶品です。京都=湯豆腐と言われるほど お豆腐料理のお店が多いのはみなさんご存知だと思いますが、有名な嵯峨豆腐料理店が仕入れるお豆腐が「森嘉」なのです。小売もしているのでこの行列です。

ともかくお豆腐の味が違うのです。濃厚というかなんと言うかともかくおいしい。グルメ評論家ならばうまく表現してくれるのでしょが、ボキャブラリィの貧困な私は、この"うまみ"を表現できませんが、下の写真を見て下さい。お客さんがいっぱいでしょ。これが何よりの証拠です。嵐山や嵯峨野に行かれたら寄ってみてください。おいしいですよ!

 

kyotomorika1.jpg 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちドライブカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはテーブルコーディネートです。

次のカテゴリはブックカバーです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。