小ふろしきでブックカバーを作ってみました。

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは、9月に入り朝夕とだいぶ気温が下がり、過ごしやすくなりましたね!

秋!のイメージって何?って、考えてみました。

秋には、美味しい味覚が沢山ありますから「食欲の秋」とか、夜長いので、テレビもいいけど、

「読書の秋」とも言われているので、本を読むのもいいですね。

そこで、小ふろしきでブックカバーを作ってみました。

bokkaber1.gif

1枚の小ふろしきを、縫わすに折りたたむだけで、カバーが出来ます。

本屋さんで貰えるカバーでも良いけど、ちょっとしたことで破れてしまったり、汚れたりしますよね。

小ふろしきなら、簡単には破れないし、汚れたら洗濯も出来ます。

自分の好きな柄で、カバーを作ったら、本を読むのも楽しくなりますし、通学時又通勤時に

誰の目も気にせず、好きな本を読めますね。

メッセージ続きを読む.gif

 

 

bokkabe1-1.gif

今回使用したふろしきのご紹介です。

①チーフ伊砂紋様両面ふろしき/菊・チャコール・ピンク/素材・綿100%/サイズ・約48cm

②チーフ伊砂文様両面ふろしき/結・クロ・アカ/素材・綿100%/サイズ・約48cm

ブックカバーの作り方をご紹介いたします。(今回はリバーシブルのふろしきを使用しました)

1ふろしきの.うら面にしたい柄を上にして広げます。

bokkabe2.gif

2.bとcを矢印の方向へ(図の様に)折ります。

bokkabe3.gif

3.aとdを矢印の方向へ(図の様に)折ります。〈この時一度本を置いてみてサイズを調節します。〉

bokkabe4.gif

4.aとdを矢印の方向へ半分だけ折り返します。

bokkabe5.gif

5.ひっくり返します。(図の様に)

bokkabe6.gif

6.下記の図の様に本を置きます。

bokkabe7.gif

7.6の工程のa'とb'を折込み本の表紙に挟み込ます。

bokkabe8.gif

8.7工程のc'とd'も折込本の表紙に挟み込ます。形を整えたら出来上がりです。

bokkabe9.gif

色違いや柄違いで何枚か小ふろしきが手元にあったら、季節・その日の気分でカバーを変えてみるのも良いかもしれませんね。。。

小ふろしきが無かったら、バンダナでもブックカバーを作ることができます。

良かったらチャレンジしてみてください。

お問い合わせ.gif

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.osaka-smc.co.jp/mt-di/mt/mt-tb.cgi/56

コメントする

このブログ記事について

このページは、大阪サブマネージメントセンターが2011年9月12日 15:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東京へ行ってきましたぁ~」です。

次のブログ記事は「秋の運動会お弁当を持って応援に行く」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。